シミ そばかす 医薬品 効く 有効成分

黒ずみを撃退!シミに効く有効成分とは?

 

シミ・そばかすを消す医薬品に含まれる、主な有効成分についてお話します。
成分についての理解が深まると、継続する力が高まります。ぜひ最後までお読みいただければと思います。

 

ビタミンC

 

別名をアスコルビン酸と言います。水に溶けやすい性質を持つビタミンです。
高い抗酸化作用を持ち、細胞の酸化、すなわち老化を防ぎます。シミの原因であるメラニンの発生を防ぎ、体内でコラーゲンを生成する際にも使われます。
美肌とは切っても切り離せない有効成分です。人の体内では生成されないため、毎日摂取が望ましいです。

 

L-システイン

 

赤唐辛子やブロッコリー、玉ねぎなどの野菜に含まれるアミノ酸です。
代謝を上げる作用があり、ターンオーバーを整えます。服用を続けることでシミが垢となって剥がれ落ち、肌にとどまりにくくなります。ビタミンCと同様、抗酸化力が強い有効成分のため、老化対策としても有効です。
肌はもちろん、髪の毛をすこやかに保つ働きも持っています。わずかながらではありますが、人の体内でも作られるため、安全性が高いのが特徴です。

 

ビタミンB群

 

ビタミンCと同様、水に溶けやすい性質をもっています。体内にとどまることが無いため、毎日の摂取が望ましいです。いずれも肌を美しく保つ作用があります。
それぞれのビタミンの特徴は下記のようになります。

  • ビタミンB1

    ストレス緩和作用がある。皮膚を健やかに保つ(別名:チアミン)

  • ビタミンB2

    体の発育・成長を助ける。皮膚の再生作用を持つ(別名:リボフラビン)

  • ビタミンB3

    肌のバリア機能を正常に保つ。過剰なメラニンの生成を防ぐ。(別名:ニコチン酸、ナイアシン)

  • ビタミンB5

    コラーゲンの生成を助け、肌荒れを防ぐ。新陳代謝を活性化させる。(別名:パントテン酸)

  • ビタミンB6

    皮膚炎を予防する。代謝を促す作用がある。ハリ・ツヤをあたえる。(別名:ピリドキシン)

  • ビタミンB12

    良質な睡眠をもたらす。赤血球の生成を促し、肌のくすみを改善する(別名:コバラミン)

 

ビタミンB群は互いに作用し合いながら、美肌を作り上げていきます。

 

ビタミンE

 

別名をトコフェロールと言い、アンチエイジングにも効果的なビタミンです。血の巡りを良くし、新陳代謝を活発にする働きも持っています。肌荒れの緩和はもちろん、シミの発生も防ぎます。紫外線対策にも有効なビタミンです。

 

どの有効成分が自分に必要か見極めるコツ

  • シミやそばかす、肌のくすみを優先的に改善したい場合は、L-システイン、もしくはビタミンCが多く含まれているものを選ぶとよいでしょう。
  • シミ以外にも吹き出物などの肌トラブルを抱えている場合は、ビタミンB群が含まれているものを選ぶと効果的です。
  • 外出する機会が多く、紫外線ケアも行いたい人は、ビタミンEが含まれているものがおすすめです

シミやそばかすをなくすには、体の内側からケアすることが大切です。これらの有効成分が含まれている医薬品は、シミ・そばかすに対して効果的ですので、ぜひ、自分のためにも知識として身に着けておくとよいでしょう。

 

シミに効く有効成分が含まれる医薬品の比較とおすすめは、こちらをご覧ください

 

シミ・そばかすを消す医薬品おすすめランキング

page top